« 2011年11月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年2月

新年・新年度

ごぶさたでした。目がまわるいそがしさでした。。。

子なすちゃんは、冬の子ですから、風が吹くと、ものすごく喜ぶわりに

風邪やらなにやらで、鼻水とセキが長い間続いたのはかわいそうでした。

 

もうすぐ新年度です。この4月からスタートするのは、雇用(A型)の福祉事業所。

福祉的就労と一般企業就職の間のステップとしての障がい者雇用事業に

ついては、一年以上かけて考えてきました。

主体は、福祉ではなく企業としての会社になります。

みどりの家の有名なサービス管理責任者のN先生が、新事業所の施設長

とサビ管となり、みどりの家の利用者の一部の方も、雇用型へステップアップ

します。しっかり支え合って育てていきます。

 

会社といえば、地域の中小企業・事業所ネットワークでの、障がいを持つ人の

訓練~雇用もはじまります。

事業では、容器包装ごみの再商品化について、またひとつ自治体の独自ルート

としてのリサイクルも始まる予定です。

  

四日市市の新制度として、認定を受けた「エコ・ステーション制度」については

拠点がひとつ増え、北の方の社会福祉法人の皆さんが運営を始めています。

最初が一番大変で、収入がないのにコストがたくさんかかります。

地域生活者として、力を合わせて盛り上げていきたいと思います。

 


エコステーション制度も、みどりの家のシステムがモデルとなりましたが

遠い徳島市でも、みどりの家のハイブリッドシステムを採用していただき

福祉団体5団体と・スーパー20店舗とリサイクル業者・市が協力した

生活者サービスが、昨年より展開されています。

グリーン券まで採用していただき嬉しいです。

13日に呼んでいただいたので現地へ行ってきます。

 

昨年本格的にスタートした、スモークポークジャーキー ミエ・シャントン

の製造も増えてきて、販売は、だれでも知っているコンビニや駅売店で

たくさん取り扱っていただき、さらに増え続けていることは、夢のようです。

 

こうしてスタッフをはじめ様々な方々と力を合わせて歩んでこられたこと

に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

何分いたりませんが、皆さまのご厚意をいつも胸に励んでまいります!

 

具体的には、新年度は、当法人の利用者定員は10名少なくなります。

それだけに、環境や職員体制を減らすことなく、皆で力を合わせて

研修を深め、職場づくりと企業就職者の定着支援や・雇用促進に力を入れ

地域社会の中へ、安心して働き続けられる環境づくりについて

さらに強化して取り組んでまいります。

| | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年12月 »