« 伝統文化 | トップページ | さつまいもパート2 »

黒ゴマ事件

ここのところ、いくつかの先例のないややこしい申請のために、勉強しながら

取組んでいます。

会社や立派な施設では、専門家に委託することが普通のようですが、

経費節減効果は絶大ですし、障がい者の新たな雇用にもつながりますし、

まずは、自らやってみることが経営にとても役立ちます。

さて、急に涼しくなりました。 

「食欲の秋」きましたか? 私にはもちろんきていますよ。 

ここのところ、家族の大好きな、大学いもをよくつくっていました。

最近は、美味しいおいもがたくさん出てきましたよね。

安穏芋や、甘味さつまいもと、お芋自体がスイーツのようなものが、

スーパーの野菜コーナーでも、よくみかけるようになりました。

お芋をカットして、あくを抜いてから、水気をとばして、揚げて、その間に、

蜜をつくって、次々に熱いうちにからませて、ゴマをふってと、案外

いそがしいけど、美味しい美味しいって食べてくれると、とても嬉しいものです。

最近、色んなお芋で、連続してつくっていたせいでしょうか。

となりの部屋にまで、黒ゴマがひとつぶ落ちていました。

さっきまで、ゴマふり係をしてくれていた夫が、その調子でパクッと口に入れた後、

ふと「ゴマの味がしなかった。」とか言うじゃありませんか。

もしかして、ゴキブリのふんだったりして~。ということになり、

なんだか私は笑いが止まらなくなってしまいました。しかし、食べた当人は、

笑えないようで、そのあきらめたような表情を見て、また笑いが止まらなくなり、

お腹がよじれて笑い転げながら、また、どっちだったのかな?と思うと、

さらに笑えてくる、とっても楽しい事件でしたとさ。(私だけかsmileごめん。)

|

« 伝統文化 | トップページ | さつまいもパート2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/49551077

この記事へのトラックバック一覧です: 黒ゴマ事件:

« 伝統文化 | トップページ | さつまいもパート2 »