« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

たぬきからねこへの変身。

ブログ書いていない理由はね。

寝不足が続き、心身の状態が良くないからですよ。キキィーッ!

そんな、毎日きちんと日記つけられる性格なら、立派な人間様に

なっていたことでしょうよ。

何しろ最近、たぬき⇒ねこになったらしいんですから。

中日新聞に、写真付きの大きな記事になりましたことで、

たくさんご連絡をいただきました。

たぬき顔だと思っていたけど、ねこ顔だったんだねー。とか

よー肥えて、顔肉が盛り上がってか、目ーがほそーなって。等はともかく

とっても興味をひかれた記事だったよ!とか、

デビュー作の、名前の響きが良く、美味しそう! そして、

いい人に出会えたんですね!横浜と四日市は、当時の横浜港と四日市旧港

が直結していたことなど、実はいろいろとご縁があるようですよ。とか、

絶対、食べてみたい。と思ったよ。どこ行ったら食べられるの?等々。

嬉しいご意見を頂戴しました。

オプティの猪野さんにお世話になり、横浜マイスターの堀内さんからご指導

いただき、三重県産での名物づくりと、その普及のための環境づくりに

取組んでいます。

地域の様々な業種の有志の方々とネットワークをつくり、障がいのある人も

誇りを持ち安心して働くことができる、雇用事業所づくりの展望が開けて

きました。

詳しい内容は改めて。。。

まずは、4月3日・4日の エキサイトバザールでお待ちしていますhappy01

| | トラックバック (0)

不思議。

健康なんて、意識したこともなかった、元気な若い時期が、私にも

あったなんて不思議です。 私の、子ども・学生時代には、

日焼けが良いことのように言われていて、

ずっと水泳をしていたし、がんがんに日焼けしていました。

ところが、今になって、お日様に過敏になってしまい結構苦労しています。

お肉やご飯を食べるのが良いとされる、子どものときには、食べたくなくて、

お肉やご飯が食べたい今は、健康のために節制しなくてはいけない。

子どもの頃、お菓子を自由に食べられなくて、夢に見るほど憧れていましたが、

大人になって、自由に食べられるようになったと思ったら、

健康・美容の観点から、我慢しなければいけないなんて。かなしィweep。。

(ま、食べてますけどね。)

子ども時代、今では普通にある「トレーナー」という衣服が出現し、

一度でいいから着てみたい。と憧れたり、

学生時代に、デザイナーズブランドが出てきて、やはり、

一度でいいから着てみたい。と憧れ、

なんとか買えるようになった、大人の現在、老化によるものか

不思議なほど、興味がなくなってしまいました。

サンリオの、キテイちゃん等のキャラクターの文具や小物も、

持っている子が羨ましくて羨ましくて、強く憧れてきましたが、

買える今では、その気持ちがなくなるんですねー。

今日は、とても久しぶりに、しおはま鍼灸院へ行って来ました。

ハリの効果にはいつもびっくり!有難いことです。

先生が「ものすごく、使い過ぎていますね~(身体を)!」というように

おっしゃいました。

なんだか、すり減ってきた自分を感じ、かわいそうな気持ちになりました。

こういうときは、美味しいもので、栄養補給してあげよう。なんて考えが

ふと浮かびましたが、耐えました。

栄養摂り過ぎが、見た目にも表れている今、さらに、健康に悪し。

結局、子どもでも、大人でも、忍耐・忍耐。

その代わりに、ドラマチックなことが次々と沸き起こる、

素敵な日々を生きさせていただいていますhappy01

| | トラックバック (0)

嬉しいな。

最近、慶び事や感動する出来事が、いくつか起こり、

次々沸き起こる仕事の合間に、元気づけられています。

また、夜活動する私にとって、明日の朝は、久しぶりにゆっくりできるので

嬉しいな。

ピザとパスタ・サラダ等をつくりました。

ピザの具は、残っていた、トマト・モッツァレラチーズの下に、鶏胸肉・しいたけ

等を炒めてトッピングし、マヨネーズを加えたソースで、焼き上げました。

フレッシュなトマトとモッツァレラが絶妙な上に、しいたけがとっても合い

好評でした!

トマトは、上杉さんのトマトといって、美味しくて有名なものです。

先日、上杉さんの農園に伺う機会に恵まれて、その場でいただいたトマトの

美味しかったこと!

もちろん、育て方が特別なわけですが、

トマトの見た目が、あまり赤くなくて、形もそう良くないものに、目が覚める

ように、びっくりする、旨みの固まりのようなトマトがあるんですね。

上杉さんは、道に迷い、ものすごく遅刻してきた私たちのために、ずっと外で

立って待っていてくださり、その後も、大変気持ち良くご親切にしてくださった

有難いナイスガイです。

このびっくり旨みトマトが、JAの直売所四季菜でしか販売されてないと

いうことも意外でした。

JAといえば、三重大学大学院教授 石田正昭先生の 

「農村版 コミュニティ・ビジネスのすすめ」では、

社会的な問題の解決、または生活の質の向上を図るための活動・事業を

行う、コミュニティ・ビジネスは、その、コミュニティ・ビジネスを支援するため

の活動・事業を行う、すぐれたインターミディアリー(中間支援組織)があって

はじめて生まれるものであること。

JAをはじめとする、中間支援組織としての役割発揮が期待されていること、

有機農業や産消連携についても書かれてある、おもしろくてためになる本です。

ゆっくりできると思うと、眠気がなくなってしまいました。

床を、ミシミシいわせながら、運動でもしようかな。

| | トラックバック (0)

若さと豚肉。

最近、美味しい豚肉のお料理をいただく機会に恵まれています。

美味しい豚肉料理って、元気が出ますね!

30代を過ぎてから、若返りに強い関心を持った私は、

実際の年よりも、ずっと若く見える人をみつけると、ライフスタイルを

ヒアリングし、好きな食べ物は何か。等を聞いてまわっていました。

50代半ばで、30代前半くらいの青年くらいにしか見えないKさん、

50代前半で、やはり、どうみても若者にしか見えないMさん、

70代でも、しわのないSさんやHさん、の共通点は、どちらかというと、

お肉が好きで、特に、Kさんは、豚汁を常食としていて、Mさんも豚肉を一番良く

食べると聞いていました。

上記の方全員、どちらかというと、豚肉がお好きとはいえ、

決して食べ過ぎない。という、自己管理ができるタイプでもあります。

そんなことを、以前から調査して、豚肉を意識していた自分に、

その素晴らしさを知る機会がいただけて、嬉しい限りです。

今、私の顔がパッチパチに、テカっていることが、

若返りパワーからもたらされたものか、

最高体重を更新したことによる、肉の盛り上がりが皮膚を持ち上げて、

アブラギッシュパワーがもたらしたものなのかが、

解かりにくいのが残念であります。

難しいことですが、美味しいからといって、過ぎないようにすることが肝要です。

最高体重更新までして、身体をはってすすめている、新しい授産事業は、

たくさんの方々にお世話になり、いくつもの企画のパターンをつくっては直し

を繰り返してきました。おかげさまで、

障がいのある人も、楽しく取組みやすい内容になる方向が見えてきました!

今後も、皆様のご厚意に感謝し力を合わせてがんばっていきますpig

| | トラックバック (0)

やってみよう!

堀内マイスターの直営店・工場視察に、環境福祉ソーシャルネットワーク設立総会・

みずき福祉会の施設見学のため、東京と横浜へ行ってきました。

ヨコタ東北さんをはじめ、環境や福祉の分野をリードされている方々のお話は

とてもためになり、良い情報交換もできたりしてネットワークの素晴らしさを

感じました。

そして、三重県の異業種ネットワークによる、社会的事業所づくりのため、

堀内マイスターの事業を視察させていただき、起業の計画も、大きく前進できました。

猪野さん・堀内さん・皆様からいただきました温かいご厚意に報いられますよう

みんなで力を合わせてがんばります。

知識や経験もない頃、今考えれば、むりでしょう。と思うようなことを、

できる!今が適期!と、感じたままにチャレンジでき、結果実現できてしまった

ということが色々ありました。が、

知識や経験が増えてくると、結局、言い訳をして守りに入り、

チャンスを活かせないことがあります。

賢者は歴史に学び、愚者は体験に学ぶ。といわれますが、

堀内マイスターからは、 「百考は、一(実)行にしかず」 

と、教えていたただきました。

常岡一郎氏も、

通るに通れない、こすにこせない人生の嵐も

サーカスの綱渡りのように、自分を空にして足元を見ず、

目も心も、向こうにあわせ、自分をささげ切って渡れば、

どんな危ない綱の上でもわたり切ることができる。と、言われました。

誰かが、前例のないことに、チャレンジしたからこそ、

新しい道が開けて、そこに多くの人が通れるようになったんですよね。

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »