« 人間のような家電。 | トップページ | 多様な仕事づくり。 »

地域づくり。

ここのところ、美し国おこし・三重事業関連の取組にもなっています催しで、

バタバタしていました。

中心市街地対策や、三重の優れた農産・水産資源・製品の未利用・未活用部分の

流通と、高付加価値製品の商品開発や、障がいのある人の生活・就労支援という、

別々の課題を、一体的に連携したネットワークで取組み、地域づくりをしよう。

というものです。

今回は、窯焼きとんかつをはじめ、日本初の美味しさを生み出し、超有名店や

大繁盛工場を次々にプロデュースされている、堀内強美マイスターに、三重へ

お越しいただきました。

堀内氏には、オプティーの猪野氏を通じて、障がいのある方も一流の味がつくれる、

施設環境や技術について、ご指導いただけるはこびとなりました。私共の団体だけで

教わるのはもったいないお話であり、異業種連携したネットワークでパワーを出し合い

三重の新しい商品やサービスを生み出すチャンスにつながりました。

まずは、三重の豚・牡蠣・味噌等を、堀内氏のところへ送り、それらの食材を使った、

お料理を試食させていただく会を実施しました。

普段、お肉を食べないという方が、少なくとも二人みえましたが、

美味しい・美味しい・と、たくさん召し上がっていらっしゃり、まわりの人たちも

とても驚いていました。

新しい味だけでなく、ありそでなさそな、三重豚のトンテキもいただきました。

この、トンテキの豚は、ただ柔らかいとかいう美味しさではなく、

柔らかい上に、熟成したような、燻製のような、生の豚を焼いた感じでは

ありませんでした。

これにも、特別な下ごしらえがあることをお聞きしました。

トンテキのたれがまた素晴らしかったですheart02

次の機会には、三重の豊富な資源を最大に活かした、新しい味デビューに向けての

勉強です。

素材の相場を知り、付加価値をつける製造と、商品づくり、

それを活かす、販売方法ついて、ご指導いただき、力を合わせて、

美し国おこし・三重を実践していきたいと思います。

デビューは、4月3日・4日の予定です。

堀内氏は、日本各地の土地にある資源・人・事業と、それぞれの持ち味を活かした、

指導をされ、受けられた人のパワーをおこして、自立・発展につながりました。

今回、養豚業の方をはじめ、経営者の方々らが、堀内氏の味と、お人柄やパワーに、

惹かれ、涙して感動された方もいらっしゃり、後々にも反響が大きかったです。

純粋に、この街のために何かしたい。という志を持つ人たちの魂が、ふれ合い

絆が深まる機会にもなりました。

中心市街地の課題も、福祉の課題も、商店や障害者といった、直接の当事者

だけのものではありません。

国も自治体も財源不足に悩む中、地域で、安心して豊かな生活ができる場・就労の場

づくりに、私たちの課題として、主体的に実践していく必要があるんです。

それには、地域づくりへ、自ら参加したくなるような魅力あるしくみが必要ですね。

新しい時代の公とか、本当の自治とかいわれます。

立場・業種を超えて、立場・業種・個性を活かし合って、

共に、夢ある事業に取組めることは素晴らしいです。

小理屈はともかく、こういう方向性ですから、走りながらまた考えます。

|

« 人間のような家電。 | トップページ | 多様な仕事づくり。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/47365575

この記事へのトラックバック一覧です: 地域づくり。:

« 人間のような家電。 | トップページ | 多様な仕事づくり。 »