« 三重にみえた藤田さん。 | トップページ | ちっちゃくておいしいお店。 »

導かれて椿大神社PART2

方向音痴な私が、不思議と、導かれるようにたどり着けるのが、椿大神社でした。

先日お参りしたことがきっかけで、「道の神」「みちびきの神様」であることを教えて

いただいたところ、また、導かれるように、不思議なことがいろいろと起こってきました。

日常において、次々と事件が起こるのは、よくあることですが、ここのところ、

次々と様々な方が、まるで神様のように、ふっと、現れたり、連絡をくださり、

助けにきてくださいました。

「だめだよ。がんばんないと。助けるから。」みたいな感じで、私の元気が落ちている

ことを見抜いたかのように、非常に熱心に励まし助けてくださいました。

そして、また。。。。

前回のブログで、神社や神棚へお参りしていても、そのベースである日本の歴史

にも無知なため、せっかくいただいた専門的ないいお話についていけなくて

残念な思いをしたことを書きました。

すると、昨日、そのようなことも、ブログも全く知らない、H社長にお声をかけていただ

き、ミーティングの前に、偶然また、椿大神社へお参りすることになりました。

椿大神社は、経営の神様である松下幸之助氏が熱心に参拝され、造営に尽力され、

お茶室も寄進されたりしていることから、松下幸之助氏の御霊をお祀りされている

松下幸之助社もあります。ということからも、

新規事業をスタートするにあたり、お参りをし、ご祈祷いただくはこびとなりました。

七五三で、子どもや赤ちゃんたちいっぱいの中、ご祈祷いただきました。

静かであればおそらく荘厳な儀式が、神主さんに勝つほどの、子どもたちの元気な声

で、活き活きムードになっていました。というより、リアルにいうと、

子どもや赤ちゃんたちの泣き声の大合唱でいっぱいになっていました。

儀式の後御神楽が始まり、全身に響きわたる太鼓がドンドドドンとなり始め、

巫女さんが現れると、なんと、あちこちで聞こえていた、子どもの声や赤ちゃんの

泣き声大合唱が、ぴたっ!と止まりました。

音楽療法による疳の虫治療効果? 神の力が音を通じて伝わったのでしょうか。。。。

H社長の高校時代の恩師が、この椿大神社の宮司さんファミリーであり、

よく足を運ばれてたくさんご講義いただいてきたそうです。

長いお付き合いをいいことにバカな質問をする私に楽しく教えてくださいました。

猿田彦大神は、鼻が異様に長い天狗のような、猿のような面持ちの、伊勢の国(鈴鹿)

に住んでいた神様で、天照大神を神宮へ導かれたことが、道の神といわれる所以

だそうです。

猿田彦大神は、大国主神(大黒さん)の子である、事代主神(恵比寿さん)ということ

から大黒さんも一緒に祭られているそうです。

別宮に鎮祭されているのは、「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」という、

「猿田彦大神」と夫婦の神様だそうです。

太陽神の天照大神が、天岩戸にお隠れになり、世界が真っ暗になってしまったとき、

外で、面白可笑しく踊って、天照大神を外に出す原動力となったのが、

天細女命。そのことから、

「鎮魂の神」「芸能の祖神」として、俳優(わざおぎ)芸事をはじめ、あらゆる芸道の

向上、また、 縁結び・夫婦円満の守護に霊験あらたかとして、古来より信仰されて

いるそうです。

また、現代実際にある話として驚いたことでは、

椿大神社の、ある地点の上空へ飛行機等が近づくと、計器類が激しく反応する

磁場スポットがあることも教えていただきました。

地元なのに、ほとんどお参りしたことがなかった椿大神社へ、ここ最近になって

連続して、自ら企画したことでなく、導かれてお参りさせていただくなんて。。。。

ご縁は、自分からより、人様からいただくご縁の方が、多くて強い。

これを感じることが、報恩感謝の生き方とされています。

助けていただいている方々のご厚意に報いられるよう、

パワー全開で励んでまいります。

|

« 三重にみえた藤田さん。 | トップページ | ちっちゃくておいしいお店。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/46886290

この記事へのトラックバック一覧です: 導かれて椿大神社PART2:

« 三重にみえた藤田さん。 | トップページ | ちっちゃくておいしいお店。 »