« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

導かれて椿大神社PART2

方向音痴な私が、不思議と、導かれるようにたどり着けるのが、椿大神社でした。

先日お参りしたことがきっかけで、「道の神」「みちびきの神様」であることを教えて

いただいたところ、また、導かれるように、不思議なことがいろいろと起こってきました。

日常において、次々と事件が起こるのは、よくあることですが、ここのところ、

次々と様々な方が、まるで神様のように、ふっと、現れたり、連絡をくださり、

助けにきてくださいました。

「だめだよ。がんばんないと。助けるから。」みたいな感じで、私の元気が落ちている

ことを見抜いたかのように、非常に熱心に励まし助けてくださいました。

そして、また。。。。

前回のブログで、神社や神棚へお参りしていても、そのベースである日本の歴史

にも無知なため、せっかくいただいた専門的ないいお話についていけなくて

残念な思いをしたことを書きました。

すると、昨日、そのようなことも、ブログも全く知らない、H社長にお声をかけていただ

き、ミーティングの前に、偶然また、椿大神社へお参りすることになりました。

椿大神社は、経営の神様である松下幸之助氏が熱心に参拝され、造営に尽力され、

お茶室も寄進されたりしていることから、松下幸之助氏の御霊をお祀りされている

松下幸之助社もあります。ということからも、

新規事業をスタートするにあたり、お参りをし、ご祈祷いただくはこびとなりました。

七五三で、子どもや赤ちゃんたちいっぱいの中、ご祈祷いただきました。

静かであればおそらく荘厳な儀式が、神主さんに勝つほどの、子どもたちの元気な声

で、活き活きムードになっていました。というより、リアルにいうと、

子どもや赤ちゃんたちの泣き声の大合唱でいっぱいになっていました。

儀式の後御神楽が始まり、全身に響きわたる太鼓がドンドドドンとなり始め、

巫女さんが現れると、なんと、あちこちで聞こえていた、子どもの声や赤ちゃんの

泣き声大合唱が、ぴたっ!と止まりました。

音楽療法による疳の虫治療効果? 神の力が音を通じて伝わったのでしょうか。。。。

H社長の高校時代の恩師が、この椿大神社の宮司さんファミリーであり、

よく足を運ばれてたくさんご講義いただいてきたそうです。

長いお付き合いをいいことにバカな質問をする私に楽しく教えてくださいました。

猿田彦大神は、鼻が異様に長い天狗のような、猿のような面持ちの、伊勢の国(鈴鹿)

に住んでいた神様で、天照大神を神宮へ導かれたことが、道の神といわれる所以

だそうです。

猿田彦大神は、大国主神(大黒さん)の子である、事代主神(恵比寿さん)ということ

から大黒さんも一緒に祭られているそうです。

別宮に鎮祭されているのは、「天鈿女命(あめのうずめのみこと)」という、

「猿田彦大神」と夫婦の神様だそうです。

太陽神の天照大神が、天岩戸にお隠れになり、世界が真っ暗になってしまったとき、

外で、面白可笑しく踊って、天照大神を外に出す原動力となったのが、

天細女命。そのことから、

「鎮魂の神」「芸能の祖神」として、俳優(わざおぎ)芸事をはじめ、あらゆる芸道の

向上、また、 縁結び・夫婦円満の守護に霊験あらたかとして、古来より信仰されて

いるそうです。

また、現代実際にある話として驚いたことでは、

椿大神社の、ある地点の上空へ飛行機等が近づくと、計器類が激しく反応する

磁場スポットがあることも教えていただきました。

地元なのに、ほとんどお参りしたことがなかった椿大神社へ、ここ最近になって

連続して、自ら企画したことでなく、導かれてお参りさせていただくなんて。。。。

ご縁は、自分からより、人様からいただくご縁の方が、多くて強い。

これを感じることが、報恩感謝の生き方とされています。

助けていただいている方々のご厚意に報いられるよう、

パワー全開で励んでまいります。

| | トラックバック (0)

三重にみえた藤田さん。

障がい者を50%以上雇用し、社員一人ひとりの個性を尊重された事業経営をされて

いらっしゃる、東京資材の藤田社長が、三重にいらしゃいました。

オプティの猪野社長より藤田さんをご紹介いただき、三人で、椿大神社へお参りを

してから、私共の事業所をご案内させていただきました。

椿大神社は、日本屈指のパワースポットとされ、私も、この椿大神社で、車の御祓い

をしていただいてから事故がなくなりました。

ということから、すごい!いいところ!と、感覚で解かりますが、由緒など全く

解からず、そもそも神様の意味もあまりよくわかっていない恥ずかしい状態で

ありまして、地元の私がご案内させていただくべきところが、藤田さんより、色々と

教えていただくこととなりました。

藤田さんは、哲学や政治経済に専門の水産と何でもお詳しく、ためになるお話を

たくさん教えていただき嬉しかったです。

猿田彦というフレーズを何度か伺いましたが、あまりにも知識がないため、

それが人間か動物かも解からず、まさかそんなことお聞きできないので、ただただ

うなずいていましたことをお許しくださいませ。

毎朝、神棚の手入れをして、お礼とお誓いをしてお参りしていますが、神棚の神様?

にお守りいただいていることの背景には、壮大なスケールの深いストーリーが

存在しているんですね。

中学や高校のときには、脳のウニ化が始まっていたようで、先生方から日本史等を

教えていただいたかと思いますが、まったく身に染みていない大ばか者ですが、

今から勉強していきたいと思います。

今回は、うどんモードということでしたが、次回には、ぜひ食べていただきたい、

きっと藤田さんの好みに合うと思う、お勧めのハンバーグがあります。

ハンバーグなんて名前には、全く似合わない、珍味です。

名古屋の「雅木」という洋食屋さんの「ステーキバーグ」です。

牛肉の赤身をたたいて、旨みのスープでのばしたような、やんわやわのふわふわパテ

が、独特のうすい衣で包まれて、こんがり焼いたような感じのお肉です。

中は、明るいレッドのレア&レア その状態の旨さときたら! ほどなく

熱い鉄板のお皿で、ミディアムから、ウェルダンへ。。。。どの状態も素敵delicious

これまで存在しなかった、全く新しい驚きのお料理だと思います。

お肉の香ばしい薫りと深い旨みで、フゥーっと、めまいがしそうになるほど

美味しいんですよ。

そのすごいメインディッシュに、美味しいスープとサラダとご飯がセットで、1890円。

またお越しいただける日を楽しみにがんばって働きますので、ぜひご案内させて

くださいませhappy01

| | トラックバック (0)

幸運

事業に取組んでいる最中は、自分でもびっくりするほどの情熱とパワーで
走っていくのに、仕事からはなれて一人になったとたん、
気力がゼロになったりして、落ち込んでみたり、悲しくなったりするときがありました。
バタバタしすぎているのもありますが、そういう時って、胸がいっぱいいっぱいになり、
実際には存在している、幸せや幸運を意識するゆとりがありませんでした。
そんな愚かな私を諭してくれるような出来事がありました。
独自の小口の物流システムをつくり上げて、成功されている会社のK社長が、
以前、会合で私が話した内容を聞いていて考えてくださり、一緒に事業が
できるようにと、必要な環境を整えてきていただいたことを知ったからです。私たちが
取組んできた、環境福祉ネットワークの、一番の決め手である、地域内物流に、
強力な救世主(女神)として来てくださいました。
地域の環境と福祉の向上に役立つ、新しいインフラづくりを目指して
みんなで力を合わせてがんばります。
K社長は、広い視野と温かい心で人・社会のことを考えられているその理念で企画
されたことを、即事業に取り入れ実践されています。
人が中々できないことを、いち早く実践し、新たなサービスをつくられ、継続・発展
されていらっしゃることはもちろん、同じ女性として、優しくて強くて頼もしい人柄に、
憧れています。
そのK社長から、意外な形でご連絡をいただき、このようなお話をいただきましたこと
は、奇跡のような幸運です。
奇跡といえば、業務に追われる中次々と、運命的なご縁としか思えない出会いを
いただいたり、
お会いしたいと思った方に連絡をとる方法を考えている最中に、先方から
電話がかかってきたり、あっと驚く形で現れてくださったりすることも増えてきました。
たくさんの方々から強力に応援していていただいている、このありえないような幸運を
大事にしていきます。
そのための準備として、自分の毒(ガス)を出すことにしてみます。それは、
大きな声で気合を入れる。大笑いをする。ことです。
なぜって、日本人は、大きな声を出す。大笑いをする。ことがあまりない。
だから、体の中にガスをためこんでいる人が多いんだそうですよ!bleah

| | トラックバック (0)

やはり鍼灸はすごい。

ユマニテク東洋医療専門学校の先生の鍼灸効果は、やはりすごいです。

また久しぶりにS先生の治療を受けてきました。

おかげさまで、最近は、頭痛や関節痛も治ってしまいましたし、

今日は、たまに現れていた、ウツっ気気分のことを言ってみました。

今回は、足首の内側という、意外な場所の両側に、お灸をしていただきました。

お灸は、いくらアチ痛いからって、煙がでているんですから、振り落としたりして

火事になったりしたらいけませんよね。だから、

元々のガニ股をさらにコテコテのガニ股に固定し、足の内側をカっと天向けるような

感じで、じ~っと耐えていると、痛さを通り越して意識が朦朧としてくるようです。

その甲斐あって、時間が経ってくると、元気がもりもり出てきて

すごく陽気な前向きな気持ちで、集中して仕事ができました。

野菜や肉の下ごしらえに一手間かけた、肉じゃがも、成功して嬉しかったです。

ご飯も美味しくてもりもり食べた上に、いただいたハーゲンダッツのアイスを、

冷たさとおいしさで震えがくるほど食べてしまいました。

「言葉ダイエット」なるものを考案して効果を上げている憧れのMさん!

早く方法を教えてほしいよお( ̄○ ̄;)!

| | トラックバック (0)

道を歩く人、歩いたあとが道になる人。

横浜マイスターである堀内さんが開発された、窯焼きとんかつやフライ、

ハム・ソーセージ等をいただく機会に恵まれました。

似た名前の一般的なものとは、劇的に違う美味しさにびっくりしました。

堀内さんが開発された、窯焼き製法により、外がサクっと、中はふっくら。なのに、

とんかつの場合、100gのお肉あたり、100kcalも落ちるほどヘルシーさ。

みそソースをいただきましたが、これにもびっくり! 

名古屋の「みそかつ」のような甘いみそではありませんでしたが、逆に

これだったんだ!と感じてしまう、肉食の目が覚めるような食の進む美味しさでした。

窯焼きのカキフライには、また驚きました。

普通、カキフライといえば、中身の牡蠣がメインで、フライの衣は、引き立て役

のような役割であるかと思いますが、こちらの牡蠣フライは、

いわゆる衣が、メインのお料理で、中から、凝縮された牡蠣(三重県の的矢牡蠣)の

コクと旨みのエキスが、プルンとしたリッチなソースとして溢れ出ます。

一見ありそうでない驚きの美味しさでした。

ハム・ソーセージも、さすが、本場を含めた、世界のトップの賞を受賞されてきたことが

解かる、セレブな薫り・味わい・食感。

育て方から研究された豚さんは、「美とん」(ヴィトン)と名づけらました。

ロースやひれといった部分以外の、部位の美味しさの秘密を、堀内マイスターの

加工技術で、あっと驚く形で引出されたことも、実際、味わってみて感激しました!

たくさんの人たちに食べていただきたいです。

マイスターの堀内さんは、世界初の味を次々開発されているだけでなく、いくつもの

社会的マイノリティーの自立支援を実践されてきたことを伺い感動しました。

世界初の技術と社会貢献の実践。

類は友を呼ぶというのは正に、オプティの猪野さん・マイスターの堀内さんですね。

だれもできない、大変なエネルギーをかけて創られた、新しい技術は、

新しい道になっています。

その道ができたおかげで、多くの人たちが歩んでいくことができます。

有難うございます。 私たちも力を合わせて一生けんめい歩んでまいりますので

これからもどうぞよろしくお願いしますhappy01

| | トラックバック (0)

音楽の話~その後

ついに思い切って、昨夜久しぶりに、ピアノを弾いてみました。と、すぐに

海の情景が広がり、砂浜・ さざ波・ 森のざわめき・ 鳥のさえずり・

北欧の大地の雄大さ。。。。深~く深~く、夢物語の世界に入っていきました。

それまで、仕事から離れると、気力という気力がなくなってしまうような、元気のなさ

でしたが、曲のクライマックスに向けて熱情が盛リ上がり、感動のようなものが

沸き起こり、元気が盛り上がってきました。

やっぱりいいですね。

セルフ音楽療法でしょうか。。。。 

ピアノを弾いて自己満足して癒されるって、私にのみ効き目があることと思うものの、

それもある意味すごいし、すごくお手軽な気分転換です。

正直、落ち込んでいるときって、ご飯食べるのも、お風呂に入ることさえ、ものすごい

パワーを要することがありますもんね。

力まなくてもポンと押せば、癒されるんだからいいです。

そういえば、最近若返った父も、つい1ヶ月くらい前は、外食&ジャズコンサートに

誘ったら、かなりめんどくさがって、だましだまし、ようやく一緒に行きました。

ところが、音楽が始まると、一番目を輝かせて聞いて入り込み、家に着くと、

「音楽はいいなあ。また行きたい。」と、活き活きと自分からコメントし、

翌日にもその話をしていましたっけ。

皮膚を刺激するだけで体調が良くなる「刺さないハリ療法」や、マイピアノ等々で、

気持ちのバランスがとれてくると、

身近で支えてくれる人々の有り難味が、深~く深~く 身に染みてきますconfident

| | トラックバック (0)

ウツっ気と向き合う。

ブログを読んでくださっている方より有難いご声援をいただき嬉しゅうございます。

それだけに、ブログへ書くには躊躇してしまうような、あまりにも多くのネガティブな

出来事や、不安が沸き起こるような出来事の内容については、シュールすぎるため

書けないでいます。

ストレスがとれる、頭の先っぽのツボを、爪でつっつきながら、目先を変えてみること

にします。

家の中で、メランコリーなオーラを出してしまっていると、父の「じとーっ」という視線に

合うことがあります。

じとーっとこちらを見ている顔を、じとーっと観察すると、改めて感心してしまいます。

72歳にもなるのに、妙に若い。。。。っていうか、あきらかに、最近若返っている!

なぜ? なぜ? と、最近父がやっていることについての調査をしてみたところ、

食べ物も、健康管理にも、たいした特徴がなく、

「子どものときや、青春時代の曲を、取り寄せて、よく聞いている。」というのが、

 当たりのようです。

ちょっと前から、既にやっていることでは、

「近所の子どもや若い人と係わることに興味関心を持っている。」(国際共生サロンの

 スタッフをしている)というのもあります。                 私はといえば、

ここのところ、ピアノを弾く気にもなれず、雑用に追われる日々を過ごしているときに、

たまたまかかっていたテレビの中の音楽に涙が出てしまって、その後、体中の細胞

が沸き立つような感覚になったことを思い出しました。

音楽の持つ力を利用して、心身を健康に導く治療法である「音楽療法」も存在すること

ですし、雑用の合間に最優先させて、音楽に触れる機会をつくりたいと思っています。

もしかしたら、子どものころから私に音楽を勉強させてくれた両親は、将来、意外な形

で、私が音楽を必要とし、音楽に助けれられることを見抜いていたのかも。

あの、じとーっとした視線。間違いない!

じとーっとした父の視線に、満面の笑みを返せるように、試しにピアノを

ぶったたいてみます。

| | トラックバック (0)

美味しいものづくり。

昨日はまた、U氏のお家で、心づくしの美味しいご馳走を、お腹ポンポンを遥かに

超えるほどいただいてきました。幸せですnote

U氏は、地元のパワー経営者や、スーパー公務員や様々な素敵な人たちと連携して、

まちづくり活動をされている団体の代表をされています。

このたび、中心市街地活性化と、障がい者や高齢者の雇用の場づくりと、

地元の誇れる農産品を盛り上げることを、異業種連携・一体化して、実現を目指す

構想についてのミーティングに花が咲きました。

来週、オプティ猪野さんに教えていただきましたマイスターにお越しいただき、

三重・四日市をイメージした新しい味を試食させていただいたり、私たちの地方の

農産物等を活かした加工についてアドバイスをいただく予定となり、皆楽しみに

しています!

知的や精神の障がいのある方にとっても、中心市街地(近鉄四日市駅前商店街)は

公共交通アクセス等大変便利なため自立生活に最適です。

三重ならではの農産物等を、付加価値の高い今までにない魅力的な加工品として

製造し、障がいのある人向けの主となる職場づくりに役立てて、飲食店や販売店も

一緒にある6次産業化が考えられます。

新たな形の異業種ネットワークにて実施することにより、こうした公的事業の持続可能

な発展の実現を目指していきたいところです。

さて、本日は、いわし・ピーマン・トマト・ルッコラ・チーズのピザや、パスタ、

蒸したかぶと梅ソース・ビーフシチューなどをつくりました。

蒸したかぶは、かぶの繊細な味わいがよくわかり美味しかったです。

ビーフは、アメリカ牛の脂肪無いものにしては、下ごしらえと、超弱火でコトコト煮たこと

で硬くならずにいけましたが、いつものいいかげんさから、いわゆるビーフシチューの

色とはかけ離れた色になってしまい、がっかりしました。

やはり、オリジナルと称していいかげんなことばかりせずに、デミグラスソースの基本

をしっかり守り、次回はちゃんとつくりたいと思います。

足三里などのツボ刺激(皮膚をとんがったものなどでつついたり、カリカリしたりする)

の効果は続いています!

どのように効果があるかは、改めて詳しく報告しますね。

胃腸が良くなると、体全体の機能が向上して健康になるといわれることからも、

アレルギーや、ウツ気分の改善にも良いと思っています。

| | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »