« 発展 | トップページ | 眠気 »

刺さないはり(小児はり)の効用。

ユマニテク東洋医療専門学校付属臨床実習施設「しおはま鍼灸院」の先生の鍼灸の

効果について、何度か書かせていただきました。

このたび、こちらの先生方に、鈴鹿と四日市の施設にお越しいただきまして、合計4回

にわけて、障がい者と支援者に向けた、「東洋医学健康セミナー」をしていただき

ました。

ハリで刺すのではなく、皮膚に接触するだけの刺激で行う治療で、自身や支援者で

も、実際にやってみて、その効果を体感できるものでした。

皮膚は、自律神経の中でも、特に交感神経と関わりが深く、内臓の病変を敏感に

あらわしたりするそうです。

そのため、皮膚への刺激によって、自律神経の安定をもたらすことが、内臓を丈夫

にするそうで、それが全体の健康につながるようです。

確かに、私は、アレルギー系の持病がありますが、腸を丈夫にするようにと、

よく腸のことを言われるのが不思議でしたし、どうしたらよいのかもあまりわかりません

でしたが、良いことを聞ききました。

特に、すねの骨の外側のくぼんだ場所が、足三里といって、胃腸が丈夫になる近道。

ストレスに効くツボは、頭のてっぺん(両耳の上を結んだ頭の一番高い頂点なところ)

だそうです。

利用者さんにやらせていただいてみると、見る見る間にトロ~ンとなって、超リラックス

モードになったようで、笑ってしまったくらいすごいです。

皮膚に刺激を加えるのですから、指でもどんぐりでも身近な物を活用して、

全身に360以上あるというツボをトントンやったり、カリカリとこすったりすると

良いようです。

母親や自分の肩・首・背中で効果があるので、たまにやっていた、オリジナルの、

爪たて引っかき風ピアノ式マッサージに、結構近い気もしました。

鍼灸院での、刺すハリやお灸は、魔術の世界に近い不思議な効果だと感じていました

が、皮膚をキーっとやる、なんて、やっぱり私に向いてるわ。

ヒヒヒ。魔女の血が騒いできました。

いろんな人にやってやろ。っと。

|

« 発展 | トップページ | 眠気 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/46573940

この記事へのトラックバック一覧です: 刺さないはり(小児はり)の効用。:

« 発展 | トップページ | 眠気 »