« 消えた腰痛。 | トップページ | 刺さないはり(小児はり)の効用。 »

発展

今日は、リサイクルセンターで、プラスチック製品の選別を効率化するための

設備やライン化等の検討をしました。

一般家庭から出てくる、プラスチック製容器包装ごみは、多種類の素材からなっており、

選別の効率化は以前からの懸案事項であったはずなんです。が、今日現場を改めて

見て、手選別のスキルが飛躍的に向上していたのに感動しました。

食品トレーや梱包材の中でも、発泡したもの(主にPS・PE)と、硬い容器類(PP・PS・

PETその他)を、色柄物と、白・透明系に分けて。。。。

加工前素材だけで7種類以上に分けます。

形状や複合素材などの素材の多様さから、一部機械化できても、手選別に頼らざるを

得ません。

当初は、職員たちが総動員で、老眼をしばたかせたりしながら、表示を見てコツコツ

選別しても、しても、あふれかえっていた状態が、現在さらに、倍倍で増えてきた

搬入物全て、障がいのあるなかまたちが、手ざわり・目視で、もくもくと選別できるよう

になりました。

たまに、私が自宅から持ってきたものを、自分で分けようと思いますが、考えあぐね

往生している間に、さっと、なかまがやってくれる頼もしさです。

ポリ袋・フィルム系の、異物チェックなども、ひたすら根気良く作業を続けられるところも

すごいです。

この分だと、機械化する前にも、まだまだ搬入物を増やして資源化をすすめられます。

最もコストと環境負荷をかけない、ごみ化させずに集荷する「入口機能」も向上して

きて、私たちのネットワーク特有の「生活者物流」と「地域内物流」との相乗効果が

出てきました。

もうすぐ、数ある「入口」の回収ツールの製造が出来てきて変更しますので、ますます

効率化と環境負荷の低減に、拠点拡大にも役立つと思います。

通常「ごみ」として焼却・埋立て処分されることが圧倒的に多い、家庭のプラスチック製

容器包装ごみが、現在、こちらでは、ごみでなく物品として循環しています。

収集・運搬と処理(加工)にかかるコストと環境負荷が大変に低い方法で、

全国に例のない当モデル事業を、拡大・発展できる道が見えてきました。

生活者と異業種が協働して創ったインフラにより、一人ひとりの人たちのエコ意識が

大きく活かされてきています。

|

« 消えた腰痛。 | トップページ | 刺さないはり(小児はり)の効用。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/46558813

この記事へのトラックバック一覧です: 発展:

« 消えた腰痛。 | トップページ | 刺さないはり(小児はり)の効用。 »