« 源さんのマグロ丼 | トップページ | 健康管理 »

人間変わるから信じて。

今日も、あれこれ夕食をつくりました。

三つ葉とカイワレのサラダと、タコのイタリアンマリネ風、好評のため、またつくった

ささみと梅のお吸い物、厚揚げの香味焼き、黒米ご飯。。。。

三つ葉の香りを活かしつつ食感のバサ感だけなくすため、さっとおひたしにしてから、

生のかいわれを合わせて、和風ごま風味の味にしました。

ささみはうすめに切って片栗粉をまぶし、お出汁でジブ煮風にして、梅肉をたくさん

入れてアクセントをつけました。みょうがや長ネギ・しそを刻んだものを、パリッと

オーブンで焼いた厚揚げにたっぷり乗せて、熱々のたれをかけたものも好評でした。

段取りを考えて同時にいろいろとするのが楽しくて、結構上手くいきました。

それで思い出したんですが、昔は、こういうこと苦手で、自分には絶対できないんだと

思ってました。

お料理も習ったことあるんですが、周りのおば様方がつくられて、自分はもじもじ

しているうちに、自然に洗い物係となり、ずっと毎回洗い物オンリーでした。

ケンタッキーでバイトしていた高校1年のころ、あまりにのドンくささに、あきれられ、

認められず、入店したばかりの人の仕事である、ポテトを揚げ続け、後から次々

入ってくるバイトの子に、先越されていきました。ついに、レジは、一回も経験する

ことなく辞めてしまいました。

何しろ、高校の寮に入るまで、生ごみもさわったことなくて、共用の台所の掃除が

まわってきたとき、生ごみがゴキブリ並みに怖くて、とてもさわれませんでした。

ひどい話ですが、初めての掃除がまわってとき、友達に千円を包んで、掃除代わって

もらいましたwobbly。。。。

もちろん、トイレの掃除なんかもしたことなくて、罰ゲームより恐怖でした。

ところが、現在では、外でも家でも、トイレ掃除をこよなく愛するようになり、いつも

色んなところで掃除しています。

台所や風呂掃除の際にも、昔さぼった懺悔の気持ちをこめて磨いています。

手際よい人間になったとはいえないかもしれませんが、経理労務等の事務管理は

余暇の時間を使って速~くできます。自分がやるというと、いくらなんでもそれは

ムリでしょう。とか信じてもらえなかったりしますが、一般的な施設と比較すると、

経費節減の成果は、目に見えて絶大なんですもん。

おかげさまで、職員・利用者の処遇についても配慮するゆとりができます。

ケンタのバイトのときは、ポテトに塩ふりかけて混ぜて、ポケットに差し込む道具は、

右に取っ手がついていたのが、左利きの自分にとってきつかったこともありますが、

とにかくぼーっとしていたため、周りの視線は完全に「間に合わないやつ。」

みたいな空気でしたよ。

次にバイトした、ファミレスでも見事に同様のキャラでした。

今も、母の手伝いという立場になると、とたんに間に合わない人間になってしまうこと

があります。なんだか、言い訳のようですが、

自分主導で全体をオーガナイズさせてもらえると、潜在能力がパーッと出るみたい。

今は、年も重ねて、上司のような立場になってしまいましたので、つい、今の若い人は

のんびりしているわあ。と感じたりしますが、その前に、任せられるステージや

環境づくりをしなければいけないわけです。

おーお、えらっそうに。今は、そんなに間に合ってるのかよー。とかいう、

ツッコミやめてくださいね。

|

« 源さんのマグロ丼 | トップページ | 健康管理 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/46103269

この記事へのトラックバック一覧です: 人間変わるから信じて。:

« 源さんのマグロ丼 | トップページ | 健康管理 »