« コミュニケーション | トップページ | ミント&コーヒーいかがですか。 »

ボルト

昨日は、ディズニー映画 ボルトを見てきました。

映画やDVD・動画といったものをほとんどみないこともあるのか、

感動のあまり泣いてしまうのを通り越して、嗚咽や笑いが止められなくて

困惑してしまったほどです。

壮大なスケールで、3Dで、ストーリーの中へ一体感を持って溶け込めて、

楽しくてすごく感動する、素敵なメッセージいっぱいの映画でした。

犬が出てくるんですが、人間以外の動物の心の声が素晴らしく表現されていました。

私の家でも犬を飼っていたことがあります。

犬が私たちを癒してくれる。幸せ。大好き。だから、犬に美味しいご飯をあげて、

散歩につれて行く。そのときは確かに犬も喜んでいる。

もしかしたら、犬の心の奥には、それとは違う思いや望みがあるのかも。なんて、

あまり考えなかった。

だって犬は、いつだって、飼い主に体中で愛と喜びをしめしてくれてくれるから。

飼い犬を不要になったら捨ててしまう行為は、犬を「癒し」「番犬」といった道具の視点で

飼ってしまうからでしょうか。そんなひどいことは考えられません。が、

犬が喜ぶことを知っていて、いそがしいことを理由に、毎日のようにやっていた遊び等

をやらなくなったりしたことを後悔しています。

言葉がなくても、通じ合えるところはある。と私も経験上実感できたから、

鳴き声や表情が気になったのに、つながれている犬の心の声に目をそむけるが如く、

考えないようにしたりしたこともありました。。。

もっとしっかり向き合えば良かった。。。。

今つらいことは、その報いなんだわ。。。。

ボルトは楽しくて感動する素晴らしい映画だっただけに

今は無き犬のチュロを思い出して反省しています。

|

« コミュニケーション | トップページ | ミント&コーヒーいかがですか。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544532/45862873

この記事へのトラックバック一覧です: ボルト:

« コミュニケーション | トップページ | ミント&コーヒーいかがですか。 »